20,000円以上のお買い上げで送料無料!
商品は注文後2営業日以内に発送いたします(水曜日定休)

※商品の色はお客様の閲覧環境により誤差が生じる場合もございます。

Y3101 鹿革のIDカードケース

¥ 9,900 税込
[ 99 ポイント進呈 ]
商品番号 Y3101
  • SALE
  • ギフト向け
鞄工房山本の工房で作った鹿革(ディアスキン)のIDカードケースです。IDカード収納のほか、パスケースとしてもお使いいただけます。

*鞄のプロがなんでもお答えします*

水曜日(定休日)を除く

無料でギフトラッピングを承っております。
カラー
  • 桃色
  • 若葉色
  • 菜の花色
  • 薄藤色
  • 空色
  • 柑子色
  • 胡桃色
  • 銀鼠
  • 黄金色
  • 茜色
  • 月白
  • 赤銅色
  • 生成り
  • 紫根
  • 焦がれ色
  • 千歳緑
  • 紺藍
  • 憲法黒
  • 素材

    鹿革

  • サイズ

    W103 x H75 mm (紐 780mm)

  • 重量

    40g

ギフトバナー

  • 鹿革のIDカードケース
  • シンプルなつくり

    毎日使用するアイテムだからこそ使いやすさにこだわり、デザインは上品でシンプルに。もっちり柔らかな鹿革の質感と豊富なカラーが魅力的な鞄工房山本ブランドオリジナルのIDカードケース。

    ネックストラップもホルダーと同じ鹿革の素材を採用。首に下げるとやさしく肌に馴染みます。高級感ある鹿革を贅沢に使用した自慢の逸品です。(ネックストラップの長さを調整する機能はございません。また、IDカードケースとネックストラップをつなぐ金具は回転しない仕様です。)

  • 鹿革のIDカードケース
  • 裏面にもカードが入ります

    窓がある表面はもちろん、裏面にもカードを収納できる便利なポケットを1つ付けました。薄型ですので複数枚は入りませんが、表裏各1枚ずつ、合計2枚のカードを収納していただけ、名刺であれば2・3枚入れていただくことも可能。名刺サイズのカード対応で、片面には身分証等IDカードを、もう片面には通勤通学に便利な交通系ICカードを入れてICカードケース(定期入れ)としてもご利用いただけます。

    両面収納で裏面のポケットは簡単にカードを出し入れできるスマートなデザイン。シンプルながら機能性も抜群の便利で注目のアイテムです。

  • 鹿革のIDカードケース
  • 使うほど愛着がわくエイジング

    鹿革は使い始めからしっとりと手になじみ、使い心地も抜群です。耐久性も高く年月を重ねていくと、表面がすべすべになり艶や光沢が出てくるのも鹿革の特長。

    国内だけでなく海外のブランドでも一目置かれ評価の高い、上質で高品質な鹿革の独特のエイジングをお楽しみください。

  • 鹿革のIDカードケース
  • 全18色の中からお好きなカラーを

    お色はダークカラーとパステルカラーの選べる全18色をご用意。

    落ち着いた色味のダークカラーは、定番のブラック(黒)・ブラウン(茶)・ネイビー(紺)・グリーン(緑)・レッド(赤)など全8色。明るく華やかなパステルカラーはイエロー(黄)・ピンク(桃)・薄紫・スカイブルー(青)・パールグリーンやオレンジ(橙)など全10色ございます。

    選んでいただく楽しみも是非味わっていただきたい豊富なカラー展開。ご自身はもちろん、ギフトのお相手に合うお色がきっと見つかるはず。

  • 鹿革のIDカードケース
  • やさしい肌触りの鹿革

    軽くて丈夫な鹿革は、日本では古代から人々に親しまれてきました。奈良の正倉院の宝物の中にも、内側を鹿革で作られた履物があります。しかもある程度革の元の特質が保持されていることからも、経年による劣化が緩やかであることがわかります。

    きめが細かい表面、ふっくらとしたやわらかさ、そして絹のようなしっとりとした手触り。非常に細かい繊維が密に絡んだ層でできているため、伸縮性に富んでいることも特長です。

  • 鹿革のIDカードケース
  • お手入れについて ~汚れがついた場合~

    ・革の表面についた汚れには、乾いた柔らかい布で乾拭きをして対処してください。
    ・素仕上げの鹿革はそのデリケートさゆえに、お手入れ用のクリームやスプレーのご使用は推奨いたしません。革の風合いが一度に大きく変化する可能性があります。

    お手入れについて ~濡れてしまった場合~

    ・乾いた柔らかい布で水分を拭き取り、財布やポーチ、小物など濡れてしまった皮革製品の形を整えて、日の当たらない風通しの良い場所で陰干ししてください。

おすすめ商品

最近見た商品

カートボタンへ